buyteketong

ファクタリングの方式

支払期日などによって取り回しの難しい企業の売掛債権を、すぐに流動化することができるものがファクタリングのサービスになりますが、このファクタリングには大きく分けて二つの取引の流れ、方式が存在しています。また、ハイローオーストラリア.asiaでは投資取引について紹介していますので、参考にしてみてください。

ファクタリングとは基本的に、未回収になっている支払の期日がまだ来ていない売掛金に対して、その売掛債権をファクタリング会社、あるいはファクター会社と呼ばれる企業に受けてもらうことによって、その売掛金を支払期日前に現金化し、資金として受け取ることができるようにするものになります。

この売掛金を現金化するファクタリングには大きく二つの流れがあり、そのうちの一つはファクタリングを行いたい企業とファクタリング会社との間で行われる二社間のもの、もう一つは先の二社に加えて、売り掛け先である企業とも契約を行う三社間のものになります。

二社間でのファクタリングは、現在主流として行われているものになり、取引先でもある売り掛け先の企業に対して、ファクタリングを行っているという事を知られることがないという特徴があります。

この二社間でのファクタリングでは、ファクタリングを受けたい企業とファクタ稟議企業の間で契約を行い、売掛債権をファクタリング会社に引き渡します。

この際に、ファクタリング会社はファクタリングを受けたい企業に対して、集金代行業務委託契約を締結させ、売掛債権の回収業務を代行してもらう形をとるのです。

こうした事を行い、ファクタリングを受けたい企業は、売掛金の期日を待たずに資金を手に入れる事ができ、同時に取引先の企業から売掛金の支払いがあった場合には、これをファクタリング会社に入金をおこない、ファクタリングが終了することになります。

これに対して、三社間のファクタリングでは、ファクタリングを利用する会社は、自分たちが売掛債権をファクタリング会社に対して引き渡すことを、取引先である売り掛け先の企業に知らせ、その承諾を得る必要があります。

こうした取引先は顧客でもあるために、ファクタリングを利用するという事を相手に知られることになり、こうした交渉の負担などから、三社間のファクタリングは近年ではあまり利用されなくなってきているとされています。

しかしながら、この三社間のファクタリングの場合には、売掛金の回収をファクタリング会社が行うために、ファクタリングを行いたい企業の負担が少なくなり、またファクタリング会社が直接に売掛金の請求を行い、売掛金の受け取りを行うため、その売掛債権の信用や回収の可能性によって変動する手数料も少なく済むのです。